事業概要

BUSINESS

道路交通マネジメント

道路交通に関する事故等のデータベース構築支援とともに、これらを活用した
総合的な分析に基づく交通渋滞の緩和や事故防止対策について提案します。

安全・安心・快適な道路ネットワークの実現に向け、道路管理者を支援

阪神高速道路における事故統計資料作成、事故の目的別実態分析、事故率と要因分析、交通安全対策の効果検証等、交通事故データベース構築のサポートで培った技術と実績を活かして道路管理者の交通安全や交通渋滞の課題解決支援を行います。また計画(Plan)・事故(Do)・評価(Check)・改善(Action)のプロセスを実施し、さらに元の計画に反映して交通安全や渋滞緩和の継続的な改善を提案します。

交通安全対策

事故分析に最適なデータベースを構築することで、 交通安全対策を立案し、マネジメントを支援します。

データベースの構築および活用イメージ


  • 事故率の算出と可視化・・・・・・・・・・経年・時間帯・予備・天候別に算出
  • 事故多発区間の交通状況の把握・・・・・・事故形態・走行速度を把握
  • 交通安全対策実施効果の検証・・・・・・・滑り止め舗装の効果・経年変化を把握
交通事故のデータベース構築とデータ活用(PDF)

滑り止め舗装の効果検証(月別事故率)

滑り止め舗装の効果検証(月別事故率)
滑り止め舗装の効果検証(月別事故率)

安全対策実施例

渋滞対策実施例(3号神戸線深江サグ部)

渋滞対策

交通ネットワークの利便性を妨げるさまざまな渋滞要因分析を行い、 課題解決策を提案します。

  • 蓄積された交通データなどを活用して恒常的な 渋滞頻発地点・発生時間帯を割り出し、有効な調査の提案や渋滞要因分析を行います。
  • 渋滞要因の解消に向けた対策や、道路管理者やユーザーに向けた渋滞情報に関するさまざまな提案を行います。
  • 車線規制を伴う大規模工事の実施にあたり、 主要な渋滞ポイントでの交通影響予測や、管理者間協議を支援します。また期間中の交通流動分散を図るためのさまざまな対策を提案します。