事業概要

BUSINESS

AMアセットマネジメント

道路や施設の維持管理を高効率化し、維持コストを縮減。
さらにLCCを考慮し、構造物の長寿命化をサポートします。

情報の体系化によって資産管理を支援

竣工から経年劣化がスタートする構造物について保全情報管理システムを導入し、完成時のデータから維持管理のための定期的な情報を収集し、データベース化することはインフラ資産の管理に不可欠です。
阪神高速技研では確かな実績と最新のIT技術により、情報の体系化を図り、資産管理を的確にマネジメントします。

LCCを縮減し、構造物の長寿命化を実現

高度経済成長期以降に集中的に整備されてきた橋梁やトンネルの老朽化が社会的な課題となる中で、近年、道路の点検・診断の実施および記録が義務付けられました。
阪神高速技研では、 保全情報の一元管理をサポートするとともに、LCCの縮減をめざした効率的な維持管理を支援。きめ細かな補修計画を提案します。


資産情報管理

構造物の点検結果や補修履歴など、構造物情報の管理をサポートし、より効率的な資産管理を提案します。

道路情報の一括管理

保全情報管理システムの導入支援
保全情報管理システムの導入について業務分析からシステム開発までを行います。
保全情報管理システム
道路の維持管理情報の収集
構造物の基本情報をはじめ、点検履歴と点検結果、補修工事履歴等、より効率的な保全に不可欠な道路の維持管理情報をデータベース化します。

<施設情報の一括管理>

施設情報システム
構造物の基本情報、点検履歴と点検結果、補修工事の履歴等、施設の維持管理情報を一元管理ならびに補修計画の立案を行います。

<資産管理> 道路保全情報の体系化

固定資産管理
固定資産の新設・改築・補修等に伴う管理資料を作成。また、資産棚卸資料の作成を行います。
道路管理用図書
土木・建築・設備関係台帳の作成・更新を行います。

補修計画

資産情報をあらゆる角度から分析し、確かな実績と経験をもつ専門家が最適な補修計画を提案します。

  • 構造物のLCCの縮減を図り、常に正常な状態を維持するために最適な補修内容や補修時期を提案します。
  • 資産情報を管理するとともに、補修履歴や構造物の使用状況等、さまざまな環境要因をあらゆる角度から複合的に分析し、構造物の効率的な補修計画を立案します。
  • 資産情報のデータだけでなく、スペシャリストの視点と経験を活かした工学的判断によって、最善の補修計画を提案します。
  • 発注者の予算や全体的なスケジュールに対応する仕様を提案します。
  • 補修計画に必要な協議資料の作成を行います。